正しい絶縁型電源icの製品の選び方のポイント紹介

絶縁型電源icと言うワードをお聞きになられたことはあるでしょうか。入力電源は、DC直流若しくはAC交流のどちらかでDC/DCコンバータとAC/DCコンバータに分類されます。それぞれ非絶縁型と絶縁型があります。絶縁型は、入力と出力が絶縁されている形で絶縁にはおもにトランスフォーマが使用されています。産業機器や医療機器など障害発生時に、安全性が求められる場合には絶縁型が使用されます。また非絶縁型には入力、出力の間に導通があり、特に絶縁する必要がない基板内での電圧変換などは非絶縁型が用いられています。非絶縁型または絶縁型のコンバータ全体を作る方法には、それぞれに適している回路方式があり、同期整流式やフライバックなどと呼ばれており、構成部品や回路規模、もちろん動作原理も異なります。

絶縁型電源icに関する知識について

ここでは絶縁型電源icにおける機能と動作方式の分類及びDC/DCコンバータに絞って話を進めていきます。AC/DCコンバータは、初段でACを整流-平滑した後は基本的にDC/DCコンバータとしての動きになります。DC/DC変換においては入力電圧を降圧若しくは昇圧することが可能です。なおこの応用として昇降圧や反転といった変換も出来ます。必要に応じた機能で回路構成や選択するICは異なります。絶縁型電源には電源及びフィードバックパスの両方にトランスまたは光アイソレータのいずれかが含まれています。その為に絶縁型電源は非絶縁型電源よりも設計が複雑でスイッチングレギュレータは組み合わせで成り立っており、用途や要求仕様、入出力条件や性能目標、コストやサイズといった制限事項の検討によって適切なものを選ぶことになります。

絶縁型電源icを購入するポイント

絶縁型電源icを検討されている方は以下の点に注意しましょう。絶縁は高電圧回路と低電圧回路の間でデータ及び電力を伝え、同時に回路間で有害な DC 電流や制御されていない過渡電流が流れる現象を防止するための手段で基本絶縁型はデジタル・アイソレータまたはオプトカプラを使用した規格準拠の最小強度絶縁バリアです。強化絶縁型はバリア内で同じ絶縁機能を組み合わせており、高電圧システムで採用されています。以下の場合は絶縁型が必要で機器損傷や人体に影響を与えかねない高電圧サージからの保護、またサージに耐えることが求められる場合やグランド間で電位の違いを許容可能にする場合などです。またエネルギーを使用する回路の間や長距離で隔てられている回路の間で、分離型のグランド・ループを許容する場合や高電圧モーター、インバータDS、スイッチ、計測の機器で高電圧コンポーネントの通信を高い次元で実施する場合も同様です。